悪知恵

幼稚園での俺には、ライバルがいた。 彼の名前を正確には思い出せないのだが、 何のライバルかといえば、 砂ダンゴ割りゲームのライバルである。 まさか幼稚園児が自分たちが興じるその遊びに、 そんなネーミングをするわけはないのだから、 砂ダンゴ割りゲームという名前は、 たった今勝手に名付けた名前である。 要するに、砂ダンゴを作って、 一方が下に置き、他方が上から落とし、 …

続きを読む

道草

幼稚園に通っていた頃の記憶。 最古から数えて2番目か3番目の記憶。 それは、道草を食った記憶だ。 幼稚園には歩いて通っていて、 通園の道の途中に大木の切株があって、 そこで怪獣ごっこだか秘密基地ごっこだか、 今となっては定かではないのだけれど、 そんな遊びに夢中になってしまって、 幼稚園に遅刻したのだ。 先生に叱られて、部屋の隅に立たされた。 幼稚園児を立たせるか…

続きを読む

恩返し

今の俺がいる場所は、俺が選んだ過去の結果。 俺がここからどこへ進むのかは、 現在と未来の選択にかかっている。 俺は1960年の生まれだから、今年で56。 ずいぶんとドラマチックな人生を歩んできたつもりでも、 今の自分にはまったく満足できていない。 これからを、もっとドラマチックにするんだ。 まだまだ、クライマックスは、これからなんだ。 俺が生まれたとき、父はいなか…

続きを読む